和歌山のエステサロン モラトクローク
凍らせて減らす痩身機器【アポトーシス】
アポトーシスは従来の、脂肪を「燃やす」「溶かす」という発想ではなく『凍らせる』という全く逆の発想の痩身機器です。

クライオリポライシス理論に基づいた施術で脂肪細胞を冷却することで脂肪の数そのものを減少させることができます。今までなかなか落とせなかった脂肪を身体に負担なく確実にサイズダウンしていける画期的なマシーンです。

まさに皮膚を傷つけない脂肪吸引といっても良いでしょう。

アメリカのハーバード大学で研究されたクライオリポライシス理論は水分が0℃で凍り始めるのに対して、脂肪細胞は4℃~5℃で凍ります。
冷却装置で4℃~5℃に冷やすことにより、皮膚や血管を傷つける事なく脂肪細胞のみをアポトーシス(自然死)させることができるという理論です。

アポトーシスした脂肪細胞は体内で不純物となり、約1ヶ月~3ヶ月程かけてマクロファージ(貧食細胞)によって吸収され体外に排泄されます(個人差はあります)。

before-after
ご質問・相談は無料で承ります。お気軽にご相談ください。